いい姿勢はどれ?

こんにちは。

みなさんが気にする姿勢。。。

本当にいい姿勢ってどんな姿勢なんでしょうね、、、

楽な姿勢、楽だと感じる姿勢、長時間できる姿勢、かっこよく見える姿勢。。。

疲れを感じるのは筋肉。。。

楽な姿勢は筋肉を使わないということになりますね。

てことは関節への負担が大きい

靭帯や軟骨へのストレスが加わる

痛みにつながる

 

しっかりと筋肉を使った姿勢を保つことが、関節への負担を和らげる方法ということになりますね。

 

筋肉を使った姿勢。

考え方はいろいろあると思いますけどね。。。

痛いの痛いの飛ばしたらダメ。。。

こんにちは。

3日坊主で終わらせるわけには行かず、スケジュール帳に毎週コラムを書く時間をあらかじめセットしましたw

さて、今日のテーマは痛み。

痛みにもいろいろな種類がありますが、、、一般的に痛みは危険を知らせてくれる信号だというのはなんとなくご存知ですよね?

「それ以上動かしたら筋肉切れまっせ」

「カラダそっちの方向動かしらダメですよ」

「あのぉ、今、足踏まれてますけど、、、」

「トイレ行って出すもの出さな。。。」

という感じに。

でも、多くの方が安易にこの痛みを止めようと薬を飲んだりしてませんか?

原因を叩こうとせずに症状のみを消そうとして、、、

痛みを感じるのは脳です。

脳に錯覚させるのが痛み止めの薬。

それを止めてしまうと、危険信号がわからないから赤信号でも突っ込んじゃうんですよね、、、さらなる大事故。もしくは長引くだけ。。。

根本を叩きましょ。

そこに気づいてもらうお手伝いをしています。

なんてここで言ってても中々響かないかもなぁ。

でも言い続けることにします。

痛みの根本に気づきましょう!

 

https://www.instagram.com/jstylegram/

CONTACT

User Voice「”身体づくりに関する考え方のOS”が全く新しいものにアップデートされました」

数多くの経営者とのコネクションを持ち、ご自身もコンサルティングの会社を経営している金さん。
2年ほど通っていただいて「J-STYLEメソッド」を実感していただいています。そんな金さんから感想をいただきました!

——————–

「”身体づくりに関する考え方のOS”が全く新しいものにアップデートされました」

大学卒業後は日々仕事に追われ、運動不足気味に。お酒の付き合いも多く、不摂生の日々でした。
徐々に体重も増え、自分なりに走ったり、筋トレしたりしてみましたが、なかなか継続できず。
小学生からやってるサッカーが趣味で、休日にたまにするサッカーやフットサルでは身体が思い通りに動かず、学生時代のイメージとのギャップにショックを受ける日々でした。トラップミス、へなちょこシュート、すぐ息があがったり、簡単に相手に抜かれたり。笑

もうこれは自分の力だけではダメだなと思い、人の紹介で「J STYLE」に通い始めました。福田さんの理念でもある「形を作る筋肉ではなく、きちんと使える筋肉を」というコンセプトに大変共感しました。

通い始めて早2年。週に一回のトレーニングによって、身体が全く変わりました。今ではサッカー・フットサルで限りなくイメージ通りの動きができるようになっています。20代の相手ともやり合えます(笑)

「J STYLE」に通ったとこで自分の中で何より大きかったのが「食に関する考え方のOS」「トレーニングに対する考え方のOS」が全く違うものにバージョンアップされたことです。
食べる物、食べ方、食べる量とタイミング、素材の効能、それら工夫の仕方など学んだ事は挙げればキリがありません。
仕事柄ほぼ毎晩会食があり、これまでは太り続けてた私ですが、今も会食は毎晩ありますが、この先太る事はないと断言できます。「コントロールできる脳」にアップデートされたからです。

トレーニングに関してもそうです。自分で頑張ってやってた時は、いつしかワンパターン化してたり、やってても適切つけたい筋肉に負荷がかかってなかったり。とても効率の悪いことをしてたと今では後悔してます。

これからも健全な食生活と効果的なトレーニングを継続して、仕事とサッカーでハイパフォーマンスを出して行きたいと思います。
——————–

というありがたいお言葉をいただきましたっ!

“OSのバージョンアップ”って私のイメージ通りの言葉だなと、、、
金さん、今後も使わせていただきますっ!

「踵から着きましょう」は間違い!?

久々の投稿になってしまいました。

タイトルを見ていきなり何?という感じだともいますが、、、

このタイトルの話を書こうとしたがきに入れておいたところちょうど話題に上ったので今回こちらを深掘りしようと思います。

今朝の◯ッキリで特集されていた、フルマラソンの日本記録を更新した大迫選手。

ナイキの特別な練習も気になるところですが、なんといっても今回注目はフォアフット走法について。

ご本人も完全にはその効果を理解されていなかったように思いますが、、、

ただ単に速さが得られるだけではないんですよー。

 

そもそも歩くとき長距離を走るときに、しっかりと踵から着地しましょう!!

と言う話をよく聞きますよね。。。

でもそれは、靴の性能が上がりすぎたせい。

そもそも人の踵にはクッション性はほとんどなく、踵から着地したらその衝撃が直接、膝や股関節、腰に悪影響を与えます。

だってみなさんちょっとした段差から飛び降りるときに踵から着地する方なんていませんよね??

「抜き足差し足忍び足」っていうときにも踵から着地する方はいないはず。

それをみなさん実感していながら踵から着地を強要されて、膝や腰を痛めるのです、、、

我々の足にはとても優秀な衝撃吸収機能がもともと備わっているので、ぜひともそちらを使ってあげてくださいね!!

Jun